バーチャルオフィスで自宅以外の住所を登録するメリットとは?

2016-08-19


69b585ab396a6f328b4f4b888d8a5305_m
出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/128543?title=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BAOL143

バーチャルオフィスって知ってますか?

実際のオフィスを借りるわけではないけれど、実在の住所が使えるサービスです。

個人でお仕事をしていると、必要となるのが連絡先ですよね。

起業にしろ、ネットショップにしろ、住所がないといろいろなことができません。

バーチャルオフィスってなんだか怪しそう…?

いえいえ、

「 自宅の住所はHPに載せたくないなぁ。」

「住所公開しちゃうと、特定されちゃうのが怖いわぁ。」

「起業したけど、登記できる住所が欲しいなぁ。」

こんな時、使えるのがバーチャルオフィスです。

バーチャルオフィスってインターネットの中にあるオフィスのこと?

バーチャルオフィスとはバーチャル(非現実)にあるオフィスということではありません。

実際にある住所を使用することができ、なおかつ郵便を受け取ることができます。

オプションによっては、電話番号の使用や、秘書をつけて対応してもらうことも可能です。

ただ、実在のオフィスとして使用できるわけではないので、「バーチャル」なのです。

実際にオフィスとして使いたい場合は、レンタルオフィスになります。

契約によっては、必要に応じて会議室を借りるシステムが併設されていたりします。

システムをよく知ってから申し込むのも大切ですね。

バーチャルオフィスってどんなサービス?

基本的には住所の使用権です。

各会社のパッケージングにより、電話を使えたり、ロッカーを使用出来たり秘書を雇ったりできます。

今回必要としているのは住所。

そして、郵便物を受け取れること。

最低限この2つができればバーチャルオフィスとしては申し分ないのではないでしょうか?

バーチャルオフィスにかかる料金ってどのくらい?

月額480円~5万円位

※サービス内容による

※初期費用が必要なものもある

住所+郵便物転送であれば費用を抑えることができる。

月1500~8000円くらいが多い。

月額480円だったら、すごくお安い!!

ですが、よく調べてみると、初期費用が必要で、オプション代金別でした。

トータルすると最安値は1500円くらい~

3000円~8000円位の設定が多いように感じます。

もちろん、『住所』のブランドがありますから、人気の住所は高めになっています。

事務所の住所をどこにしたいかも選択時の基準になりますね。

実際にあった、友人のオフィス事情。

バーチャルオフィスを申し込む人の大半が、起業のための登記用住所が欲しいという理由ですが、最近増えてきているのが女性の利用です。

お花の先生をしている友人の場合

彼女はここ5年ほどプリザーブドフラワーの講習会を各地で行っています。

ですが、その講習の受付先を自宅住所にしていたところ、ストーカーの被害にあってしまいました。

住所の表記はなくても講習会の受付はできるのですが、登録上、必要であったそうです。

今は、引っ越して、登記上の住所をバーチャルオフィスに移したおかげで自宅の住所に突撃されることはなくなったのだと言います。

個人創作物販売サイトで小物を売っている友人の場合

この友人はすでに販売者の住所をバーチャルオフィスにしています。

かつて発送時に自宅の住所を記入していたら、購入者が自宅に押し掛けてきたことがあったんだそうです。

目的は未発表商品の入手だったとか!!!

ストーカーも怖いけど、押し掛けも相当こわいです!!

バーチャルオフィスで郵便の受け取りができるので、安心して発送できると言っていました。

こういった例は少なくないと思います。

あえて自宅から遠い土地のバーチャルオフィスを借りる、という選択

上記の友人は自宅から近いバーチャルオフィスを借りていました。

郵便物を直接取りに行きたいから、また、会議室やセミナーも利用しているから、近所が便利だったのです。

ですが、近年、自宅からうんと離れたバーチャルオフィスを借りる人が増えているんだそうです。

副業であったり、実際活動する拠点近くだったりと、理由はさまざまです。

自宅以外の住所、できれば他府県を所望される事例がじわじわと増えてきているそうですよ。

バーチャルオフィスには、まだ思ってもいない便利な使い方があるのかもしれませんね。

今回紹介するserendipitous spaceはこんな会社

出典:http://serendipitousspace.com/

お問い合わせはこちら

セレンディピタススペース川口は川口駅すぐの場所にあり、川口を拠点に地元密着型の活動を行っています。

川口駅は新宿から17分、池袋から12分、上野から20分の立地にあります。

実は、都心ターミナル駅からもアクセスしやすい位置にあるんです!

 

セレンディピタススペース川口は起業家を応援する事業としてスタートした会社です。

社長自身が起業家でありとても苦労されたそうです。

 

その体験があるからこそ、起業にはどんな準備が必要か、どうやって必要なものをそろえていくかといった、きめ細かいサポートが可能なんですね。

嬉しいことに、女性起業家向けのセミナーも開催されています!

 

そんな、セレンディピタススペース川口の最大の特徴はコワーキングスペースにあります。

 

コワーキングスペースとは?

コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペース などを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指します。

コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることもある)はシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく 図書館のようなオープンスペースとなっている。

また、すべてのスペースを共有したり、イベントを行ったりといった試みを通して参加者同士のコミュニティ育成 を重要視する傾向が強いことも大きな違いのひとつです。

出典:http://serendipitousspace.com/コワーキングスペースとはより引用

 

セレンディピタススペース川口のいいところは、この「コワーキングスペース」によるもの、と言い切ってもいいと思います。

 

コワーキングスペースのいいところ!

 

個室ではなく、オープンスペースを共同で使うことで、スペースだけでなく、意識や知識も共有することができます。

起業の準備中や、起業したてのころはわからないことだらけだったり、やらなければいけないことが多すぎて迷子になったりしてしまいがちです。

そんな起業家のタマゴを応援するシステムも充実しているんですよ!!

 

スペースの共有や、イベントを行うというった交流を通じて参加者同士でコミュニティを形成していくことを重視しており、気軽に相談しあえる友人を作ることも可能です。

 

また、セレンディピタススペース川口では頻繁にセミナーや勉強会が行われています。

こちらに参加することで、さらに仲間や見識が広がっていくという宇宙並みに発展できる可能性を秘めていると言えるのです!!

 

セレンディピタススペース川口、利用しないという選択肢がありえませんよね。

 

セレンディピタススペース川口の新しいサービスバーチャルオフィスもその起業家応援のツールの一つです!

 

もともとは正会員のみのサービスだったものを使いやすく改良したプランです。

料金等詳しくはこちらをご覧ください。

 

バーチャルオフィスサービス概要

 

川口市の住所でバーチャルオフィスをお探しなら、こちらをのぞいてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、川口市以外の人でも、どんどん利用しちゃえます♪

ぜひ、あなたのお役に立ててくださいね!


<他にも人気の必読記事がたくさん配信されています>

この記事は役に立ちましたか?
他にも必読の記事をたくさん配信しています。
下記のいいね!ボタンを押して、今後も役に立つ記事を受け取ってください。

この記事を書いた人

書いた人:AKKO
横浜を拠点にワークショップやセミナー活動をおこなう、ワーキングマザーです。
近々独立をするため情報収集中です!
Copyright(c) 2014 serendipitous space All Rights Reserved.